手芸用品・服飾資材

【ハマナカ】夏休み手芸にはアクレーヌ

更新日:2017年7月26日
カテゴリ:

image2

ハマナカが

季節ごとに出しとるフリーペーパー

 

 

 

あむゆーずプレスの夏号は

はっとりみどり先生の特集じゃった
はっとり先生が創った
アクレーヌの作品が紹介されとったんじゃけど、

 
まぁ、どれもこれもくっそ可愛いよの

 

 

はっとりみどり先生について

もっと詳しゅう知りたいゆう人はコチラをクリック

sakka_img

http://www.amuuse.jp/topics/sakka_tokusyu/09.html

 
作り方レシピはコチラをクリック

ひよこ

http://www.amuuse.jp/alacarte/files/pdf/item/sakka_tokusyu/PRS-007.pdf

はりねずみ

http://www.amuuse.jp/alacarte/files/pdf/item/sakka_tokusyu/PRS-008.pdf

 

 

 

あむゆーずプレスじゃあ

はっとりみどり先生のことを
造形作家ゆう肩書で紹介しとったんじゃけど
あのサンリオで活躍しよっちゃってから独立して

 

今じゃあ
㈲ポッシュベールゆうデザイン会社を設立して
社長じゃゆうんじゃけえ

 

 

 

こりゃあ

ただもんじゃあ無いよの

 

 

もとは粘土の造形作家じゃったんじゃが、

アクレーヌにはまってしもうて

こがいな素晴らしいジオラマを作って

見してくれるんじゃけえありがたいことよの

image3

 

 

アクレーヌのどうゆうところが

優れとるかゆうたらのぉー、

 

 

 

毛糸と並べたときでも発色のよさが断然でくすみが無い
上の写真のジオラマもほとんどアクレーヌで作っとってじゃけえ

 

 

 

 

はっとり先生も

「アクレーヌが無かったらここまで細かい仕事はできんかった」

とまで言うとってじゃけえねえ

 
繊維が細かいけえ刺し穴の影が出ん、

 

 

 

 

毛羽だたんけえ

写真撮影するとき表面がきれいすぎてビビる

 
まとまりがええけえ、制作時間が大幅に短縮する

 

 

 

ハマナカが

アクリル毛糸ボニーで培った技術を結集して作っとるだけあって、

 

 

 

 

なかなか他のメーカーにゃあ真似できんレベルなんじゃろうね

 

 

 

 

ただの、

注意せんにゃあいけんこともあるけえねえ

 

 

 

 

アクレーヌは、すぐに形が整うけえ
調子に乗ってついつい刺し過ぎてしまうんよ

 

 
刺し過ぎたら、くっそ固うなってくっそ小そうなるけえねえ

ニードルを深う差すんも、浅うさすんも

力を入れ過ぎたらいけんよ

 

 
ほんで、

アクレーヌゆうんは膨らみ感が強いけえ

小さなシワや刺しあとがあっても、時間が経ちゃあ無くなるんじゃけえ

あんまり気にしんさんな

 

 

 

ほいじゃが、
どうしても気になるのぅゆうシワがあるときゃあのぅ
気になる部分の繊維をピンセットとかで引き出してから
優しゅう刺し直したら目立たんようになるけえ試してみんちゃい

 

 

 

勉強になるじゃろ

 

 

はっとり先生も言いよってのことじゃが、

 

 

 

素材はやっぱりええもんを使わんにゃあいけんと

 
百均なんかに行きゃあ

そりゃあ安いもんが売っとるんじゃろうけど、

そうゆう安いもんは羊毛の絡まりが悪いけえ

なかなかうもういかんでから

「もう二度とやらん!」

ゆうてなる人が多いみたいじゃ

 

 

 

そうならんように

アクレーヌ試してみんちゃい

 

 

 

 

手芸用品のi-craftでもアクレーヌ売りよるけえ

気になった人はのぞいてみんちゃい

h440-030-top

https://item.rakuten.co.jp/i-craft/h441-030/

 

詳細写真